都会の会社と地方の会社では生み出すサービスに違いがでるなと切々に感じている話

Pocket

農業用の収穫ロボットという、第一次産業の現場をサポートする仕事で奔走しています。我々がやっているような農業周りのテクノロジーが、ここ数年Agritechと呼ばれていますが、Agritechベンチャーの特徴がいくつかあるんですね。その一つが本社が地方にあるベンチャー企業が多いこと。

なぜかって、当たり前っちゃ当たり前なのですが、問題を抱えている現場と、解決策を考えられて実行できる人が近くにいるから。

 

ここに面白さがあるなと思うんです。

つまり、”身の回りで困っている人の声”が農業に関することなら、都会よりも地方にいる方が圧倒的に見聞きすることが多いはずです。

僕が今の事業にコミットしているのも、鎌倉という地に住んでおり、鎌倉野菜を生産する農家の友達がいた関係性からキッカケが生まれました。もし、渋谷に住んでいたら、農家の友達と飲みながら話す機会もなく、いまの事業の着想すらなかった可能性が高いです。

漁業に関するベンチャーなら、やっぱり海の近くに本社があるケースが多いでしょうし、林業ベンチャーなら森の近くに会社があるんだと思います。

 

そもそも、自分にインプットされる課題って、地域のバイアスがかなりあるのでしょう。都心に住んでいたら、その周りで起こる課題に気づきやすいし、地方に住んでいたら、都心にはない課題に気づきやすいわけです。

地方に住む人がドンドン減っている現状においては、地方の課題に気づく人が、絶対数として少なくなっているのではないでしょうか。

まだまだAIだったり、ロボティクスだったり、新たなテクノロジーが入っていく業界や業種って山のようにあるはずです。テクノロジーで何が解決できるかをイメージできるようになったら、みんなが集まっている都心でイノベーションを考えるより、人があまり行かない場所で考えたほうが、より面白い着想ができるかもしれない。

そんなことを、地方に行く度に、自分の知らなかった業界を深掘りしていく度に、切々に感じます。

まぁ、地方に旅行しているだけじゃ深掘りまでいかないから、しかるべき人と会ったりしないと、何が課題か分からないって問題はあるのだけどもね。

 

あとは、自戒を込めて世界レベルでみたら日本も世界の中の地方に過ぎないから、もっと海外の現場もいかないとって話!今年はガンガン海外に行こうと思っているので、とても楽しみ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です