農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜9〜

前回はこちら

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜8〜

農家さんを周り、ニーズが確実にあることは分かりました。ロボットアームを開発してくれる方が見つかり、画像認識もなんとかなりそう。あと足りないのは・・・ベースとなる移動体。

Continue reading

ミライのイキカタを始める理由

いま、人の仕事を奪う仕事をしています。

具体的には農業用の収穫ロボットの開発。

「人手が足りず困っている」「労働が過酷すぎて大変だ」といった理由で、農家さんから作って欲しいとお願いされたことがキッカケです。

Continue reading

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜8〜

前回まではこちら

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜7〜

助成金を狙っていく上で、雑草の除草よりも、アスパラガスの収穫ロボットの方が筋が良いということが分かり、とにかくアスパラガスの生産者の方々に会うべく、可能な限りさまざまなルートからアポを取り付けました。

そして、実際にお逢いしていただいた農家さんから様々な気付きをいただきます。

Continue reading

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜7〜

前回はこちら。

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜6〜

先導プロジェクトという農水省が主体の助成金のプログラムに応募するにあたって農水省を訪れました。

そして、全く予想もしていなかった一通のメールが届きます。

Continue reading

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜6〜

前回まではこちら。

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜5〜

ロボットを開発するにあたって、何が必要なのかが漠然と見え、そして具現化するための能力を持っている方々とネットワークを作ることができてきました。チームを作れたとして、現実的に前に進めていくにあたって必要なのが資金です。

Continue reading