農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜7〜

前回はこちら。

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜6〜

先導プロジェクトという農水省が主体の助成金のプログラムに応募するにあたって農水省を訪れました。

そして、全く予想もしていなかった一通のメールが届きます。

Continue reading

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜6〜

前回まではこちら。

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜5〜

ロボットを開発するにあたって、何が必要なのかが漠然と見え、そして具現化するための能力を持っている方々とネットワークを作ることができてきました。チームを作れたとして、現実的に前に進めていくにあたって必要なのが資金です。

Continue reading

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜5〜

前回はこちら

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜4〜

雑草を摘むためのロボットアームの開発ができる先生と出逢えた。というのが前回の話でした。

そして、ここから大きなキッカケを得るのですが、その前提の話を。 Continue reading

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜4〜

前回はこちら

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜3〜

農業用ロボットの自律走行に何が必要か。どんな課題があるかについての理解はできました。

では、動いて、発見して、画像で認識して、次の作業。

「雑草を取る」

どうやってロボットが雑草を取るのか。

ブレストレベルで考えると、いくつか方法があります。

Continue reading

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜3〜

前回はこちら

農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで〜2〜

野菜か雑草かを画像認識できそうなことは分かりました。

ロボットの開発に関して必要な要素は、

・自律走行(勝手に圃場内を動きまわってくれる)

・ロボットアーム(雑草を摘んでくれる)

・移動体(そもそも動く物体)

・インテグレート(画像認識した情報をロボットアームに伝える等)

などなど。

Continue reading