農業用ロボットの開発を始めようと思ってから今に至るまで

収穫ロボットの開発を進めていますが、「なんでやろうと思ったの?」と聞かれることが結構ありますので、せっかくなのでblogでまとめてみようかと思います。

ハードウェアやってみたいけど、一切知識がない状態からどうやってやれるのか。といっても、現段階ではまだプロトが作れていない状況なので、経過報告です。

それでも、なにかの参考になるかもと考え、まとめていきます。

Continue reading

遅刻と凡ミスのお陰でAIやロボットにできないことに気付いた

「AIやロボットの時代になる」と巷で言われるに連れ、

人の仕事がなくなると危機感を煽る表現が、

ここ1年くらいで急激に目につくようになりました。

 

間違いなくロボットやAIが代替えしていく仕事は増えます。

むしろ、半数以上が代替されてもおかしくないのではないかと考えています。

その中で、「これは絶対にAIにはできないな」と確信することが本日ありました。

Continue reading

創業300年を超えるお酢屋さんの悩みに対してアイデア出ししてみた

先日創業300年以上のお酢屋さんの相談を受ける機会がありました。

歴史ある企業で商品力にも自信がある。

ただし、有名ドコロの企業の商品と比べると少し割高。

このままだとジリ貧なので、なんとかしたい。

そんな話でした。

 

この手の話って結構あると思うのですが、皆さんならどう考えますか。

Continue reading

農家の視点は規模で決まらない。現地視察で分かった視点。

by 農家の視点は規模で決まらない。現地視察で分かった視点。 はコメントを受け付けていません。

神奈川県伊勢原市にある細野さんの農園を視察に伺いました。

神奈川県産のアスパラガスがあること自体知らなかったのですが、伊勢原市の中でもアスパラガスを生産している農家さんは4件しかいないそうです。

現在、アスパラガスの自動収穫ロボットの開発を構想していますが、現場の農家さんの声から学ぶ点が多々あります。

Continue reading

今昔写真に関するインタビューが掲載されました

鎌倉今昔写真に関するインタビューを受けました。

ぜひとも全国の色んな地域で広がって欲しいアプリです。

「70歳のおばあちゃんに使い方を聞かれるんですよ」 – カマコン発の地域活性化アプリ「鎌倉今昔写真」事例インタビュー

シャッター商店街のシャッターが開かない意外な理由

先日カマコン一行で訪れた高岡と氷見の地で気づいたこと第二弾です。

第一弾はこちら。

伝統を守るために革新を。業界が3分の1の売上になる中、売上増を続ける企業「能作」

地方都市に行くと、どこも同じような光景になってしまったのが、駅前にある商店街がシャッター商店街になってしまっていることではないでしょうか。

Continue reading

伝統を守るために革新を。業界が3分の1の売上になる中、売上増を続ける企業「能作」

先日カマコン式定例会の地方開催のため富山県の高岡・氷見の地を訪れました。

とても印象的な企業と出会ったので、ご紹介します。

Continue reading

雑草革命を始めるキッカケは偶然の重なり

雑草革命。

最近会う人会う人に伝えていますが、みなさんから、「それは出来たら良いね!」という反応をいただき、これはやらなければならないと、日々強く思う今日この頃です。

そんな中で、最近よく聞かれるのが「どうしてそんなことをやろうと思ったのか」という質問です。確かに元々農業が身近でもなかったですし、何らかの機械を作ったことも、AIを使ったこともない。そんな無の状態からチャレンジするには、いささか大きすぎるチャレンジかもしれません。

といったことを気にすることなく、やるには理由があります。

12007080_412016425654618_1347237727_n

Continue reading

徹底的にユーザーを見て生まれたサービス「まごチャンネル」

本日Makuakeにて「まごチャンネル」の先行予約受付が始まりました。

mago

https://www.makuake.com/project/mago-channel/

開始からわずか1時間もかからずに目標の100万円を成立させ、どこまで伸びるのか注目が集まっています。※9月14日19時時点でなんと194%超え!!

まごチャンネルですが、実はinahoのメンバーも立ち上げ時期にサポートさせていただいていました。

Continue reading

カマコンバレーの中の人になって分かった上手くいっている理由

カマコンバレーをご存知でしょうか。

鎌倉を舞台に、「この街を愛する人をITで全力支援」を理念として、ITを使った地域活性を主として活動している団体です。

カマコンバレーHP

僕自身、いつの間にか深く関わるようになり、各プロジェクトを担当したり、カマコンバレー式の定例会を開催したい地方に出向き、定例会開催の支援までやっています。

今年だけでも、兵庫県丹波市、岩手県盛岡市、長野県白馬村、福岡県福岡市。次は富山県氷見市などなど。各地域に出向いてカマコンバレー式の定例会を開催しています。

Continue reading