都会の会社と地方の会社では生み出すサービスに違いがでるなと切々に感じている話

農業用の収穫ロボットという、第一次産業の現場をサポートする仕事で奔走しています。我々がやっているような農業周りのテクノロジーが、ここ数年Agritechと呼ばれていますが、Agritechベンチャーの特徴がいくつかあるんですね。その一つが本社が地方にあるベンチャー企業が多いこと。

なぜかって、当たり前っちゃ当たり前なのですが、問題を抱えている現場と、解決策を考えられて実行できる人が近くにいるから。

 

ここに面白さがあるなと思うんです。

つまり、”身の回りで困っている人の声”が農業に関することなら、都会よりも地方にいる方が圧倒的に見聞きすることが多いはずです。

僕が今の事業にコミットしているのも、鎌倉という地に住んでおり、鎌倉野菜を生産する農家の友達がいた関係性からキッカケが生まれました。もし、渋谷に住んでいたら、農家の友達と飲みながら話す機会もなく、いまの事業の着想すらなかった可能性が高いです。

漁業に関するベンチャーなら、やっぱり海の近くに本社があるケースが多いでしょうし、林業ベンチャーなら森の近くに会社があるんだと思います。

 

そもそも、自分にインプットされる課題って、地域のバイアスがかなりあるのでしょう。都心に住んでいたら、その周りで起こる課題に気づきやすいし、地方に住んでいたら、都心にはない課題に気づきやすいわけです。

地方に住む人がドンドン減っている現状においては、地方の課題に気づく人が、絶対数として少なくなっているのではないでしょうか。

まだまだAIだったり、ロボティクスだったり、新たなテクノロジーが入っていく業界や業種って山のようにあるはずです。テクノロジーで何が解決できるかをイメージできるようになったら、みんなが集まっている都心でイノベーションを考えるより、人があまり行かない場所で考えたほうが、より面白い着想ができるかもしれない。

そんなことを、地方に行く度に、自分の知らなかった業界を深掘りしていく度に、切々に感じます。

まぁ、地方に旅行しているだけじゃ深掘りまでいかないから、しかるべき人と会ったりしないと、何が課題か分からないって問題はあるのだけどもね。

 

あとは、自戒を込めて世界レベルでみたら日本も世界の中の地方に過ぎないから、もっと海外の現場もいかないとって話!今年はガンガン海外に行こうと思っているので、とても楽しみ!

 

創業300年を超えるお酢屋さんの悩みに対してアイデア出ししてみた

先日創業300年以上のお酢屋さんの相談を受ける機会がありました。

歴史ある企業で商品力にも自信がある。

ただし、有名ドコロの企業の商品と比べると少し割高。

このままだとジリ貧なので、なんとかしたい。

そんな話でした。

 

この手の話って結構あると思うのですが、皆さんならどう考えますか。

Continue reading

シャッター商店街のシャッターが開かない意外な理由

先日カマコン一行で訪れた高岡と氷見の地で気づいたこと第二弾です。

第一弾はこちら。

伝統を守るために革新を。業界が3分の1の売上になる中、売上増を続ける企業「能作」

地方都市に行くと、どこも同じような光景になってしまったのが、駅前にある商店街がシャッター商店街になってしまっていることではないでしょうか。

Continue reading

伝統を守るために革新を。業界が3分の1の売上になる中、売上増を続ける企業「能作」

先日カマコン式定例会の地方開催のため富山県の高岡・氷見の地を訪れました。

とても印象的な企業と出会ったので、ご紹介します。

Continue reading

徹底的にユーザーを見て生まれたサービス「まごチャンネル」

本日Makuakeにて「まごチャンネル」の先行予約受付が始まりました。

mago

https://www.makuake.com/project/mago-channel/

開始からわずか1時間もかからずに目標の100万円を成立させ、どこまで伸びるのか注目が集まっています。※9月14日19時時点でなんと194%超え!!

まごチャンネルですが、実はinahoのメンバーも立ち上げ時期にサポートさせていただいていました。

Continue reading

カマコンバレーの中の人になって分かった上手くいっている理由

カマコンバレーをご存知でしょうか。

鎌倉を舞台に、「この街を愛する人をITで全力支援」を理念として、ITを使った地域活性を主として活動している団体です。

カマコンバレーHP

僕自身、いつの間にか深く関わるようになり、各プロジェクトを担当したり、カマコンバレー式の定例会を開催したい地方に出向き、定例会開催の支援までやっています。

今年だけでも、兵庫県丹波市、岩手県盛岡市、長野県白馬村、福岡県福岡市。次は富山県氷見市などなど。各地域に出向いてカマコンバレー式の定例会を開催しています。

Continue reading

陰徳を積む

徳を積むという言葉を聞いたことがある方は多いと思うのですが、その中でも最良とされているのが、「陰徳を積む」ことだそうです。

陰徳とは「人に知られないようにする、善い行い」とのこと。

って、なんで急にこんなことを言い出したかというと、今日ある方が陰徳をメッチャ積んでいたんです。

とある重労働の作業があったのですが、その作業を行うと連絡はあったものの、てっきり業者が入ってやっているかと思っていました。そのくらい大変な作業だから。たまたま近くにいたから、その現場に行くことができたのですが、その重労働を1人でやっていたんですね。

衝撃でしたね。なんでこのおっさん1人でやっているんだと。。。

ぼくは陰徳しているなど考えることもせず、その姿を写真におさめ、仲間内にシェアして、手が空いていた仲間が集って、一緒に作業したのですが、あの作業を最初から最後まで1人でやろうとしていたなんて、、、という感じ。

不思議だったんですよ。声かければ良いじゃないですか。「◯◯の作業が大変なので、誰か手伝ってくれないか」って一言いえば、絶対に手伝う人がいたと思うんです。いなかったら、いなかったで仕方ない。

しかし、そういったことを口に出さず、黙々とひとりで大変な作業を行う。なんだあれは。昭和か。あれが昭和の男なのか。

いやぁ、世の中いろんな人がいるものです。

SNSが普及して、より繋がりができ、誰もが情報発信をできるから、仲間を集めたり、自分の行いをアピールすることも簡単にできる時代。

に、反するかのように黙々と1人で作業をしていた、あの姿。

きっと、ああいった姿を神様はみていて、きちんとご褒美もあるんだと思います。

陰徳を積む。普段なかなか意識することはないけど、これからちょっと意識していきたい言葉であり、行動です。