動物の生態調査用トラッカー "MATAKI"

雑草ロボットのプロジェクトをはじめてからテクノロジーの使い道について考えることが多くなりました。

渡り鳥はどこからやってくるのか、サケはどうやって川へ戻るか、うなぎの稚魚はどこで生まれのか。

こういう研究はGPSを使ってると分かっていても自分ではじめることはなかなか難しいですよね。ロンドン動物学会(ZSL)とMicrosoft Researchによる、「MATAKI」という動物の生態調査用のトラッキングプラットフォームに可能性を感じています。「MATAKI」はマオリ語で「観察」を意味します。ZSLでは、動物園の鳥の脚につけることで、高度、行動、飛行パターンを計測し、活動量をみることで与えるエサの量の目安にしているそうです。

http://mataki.org/

Continue reading