【Blog】日経新聞一面でご紹介いただきました!

Pocket

inahoの等身大の姿をより多くの方に知っていただくために、メディア取材・日本各地でのデモンストレーションやイベント出展・講演に取り組んでいます。今回はその中でも特に皆さまにお届けしたいメディア掲載実績をご紹介します。

 

日本経済新聞一面で紹介されました。

10月31日付の日本経済新聞に弊社メカエンジニア・山田のインタビューが紹介されました。

 

掲載記事はこちらをご参照ください。

 

これまで日経新聞には何度かご紹介いただいたことありましたが、一面に掲載いただいたのは今回が初めてでした。山田本人にも知人の方からたくさんのメッセージをいただいたようです。また、inahoホームページのアクセス数やSNSシェア・お問い合わせ件数の増加など、とても大きな反響がありました。

 

これまでメディアに紹介される切り口としては、創業ストーリーや事業紹介・共同代表の菱木や大山へのインタビューがほとんどで、今回のようなinahoメンバーにスポットをあてていただける記事はとても嬉しいものでした。しかも、日経新聞一面です!!

 

佐賀支店にて開発を行う山田

 

「inahoでは世にない製品を作ることに挑戦できる」

今回ご紹介するメカエンジニア山田の記事は働き方進化論をテーマにした連載記事「やる気の未来」でした。

 

山田は大手企業で13年間メカ設計に携わり、開発初期段階から工場における量産立ち上げまで、モノづくりのさまざまな工程を経験してきました。そんな中inahoと出会い、見出しにある「inahoでは世にない製品を作ることに挑戦できる」という想いから2019年4月にinahoにジョインしました。

 

弊社には山田のように、「誰も成し遂げたことのない領域に挑戦したい」という想いでジョインしたメンバーが活躍しています。inahoメンバーの描く未来は「食料問題を解決したい」・「日本の農業を元気にしたい」・「地方の活性化に貢献したい」などさまざまです。

 

しかし、共通するのは「時間を作り選択肢と可能性を届ける」というinahoが取り組むMission。私たちは人がやらなくて良いことはテクノロジーで代替し、やるべきこと、 やりたいことに時間を使える社会を創造するために開発や事業を進めています。

 

このMissionに共感してくださる方、農家の皆さんと共に農業の未来を元気にしたい方からのご連絡をお待ちしています。

RECRUIT