Service

現在の農業の課題

‟高額な初期投資”

多くの農機具は高額で、この先何年農業をやるか分からないのでリスクが高い…

‟地方の人材不足”

地方の労働者不足は深刻で、収穫作業を担う人材をがいなくて生産面積を拡大できない…

‟休みがない”

収穫期間は毎日が収穫作業で休めない…

‟腰が痛い”

腰をかがめて行う収穫作業は身体への負担が大きい…

経営課題や人材確保、過酷な収穫作業を

自動野菜収穫ロボットで解決しませんか?

ロボットの特徴

・収穫適期の作物を画像認識で判断して、ロボットアームで自動収穫

・スマホで簡単操作

・圃場に白い線を設置するだけで自動走行可能

・夜間でも走行可能になるように、車体底部にLEDライトを搭載

・カゴがいっぱいになったらスマホに通知

・最大7時間連続稼働し、夜間収穫も可能なため、収穫作業の負担が大きく減少

初期費用&メンテナンス費用無料!RaaSモデル

RaaS (1)

 RaaSとは

RaaS (Robot as a Service) とは、ロボットを販売せずサービスとして提供する仕組みです。 収穫ロボットを無償でレンタルし、ロボットが収穫した量に応じてロボットの利用料をお支払いいただきます。 従来の農機具と比べて、初期費用がほとんどかからないこと。メンテナンス費がかからないこと。利用期間を選ベるのが特徴です。

 POINT

・販売ではなく無償でレンタルのため、導入費を抑えて利用可能

・収穫量に応じてロボットの利用料をお支払い

・豊作の年に人手不足になることも、不作の年に人件費を惜しく感じることもなし

・定期的にアップデートされるため、常に最新のロボットを利用可能

・故障によるメンテナンス費不要

RaaSと購入の違い

inahoのRaaSシステムを利用することで、導入費を抑えて利用開始することができます。 ロボットが収穫した分だけお支払いいただく仕組みのため、豊作の年に人手不足になることはありませんし、 不作の年にパートさんの人件費を惜しく感じることもありません。メンテナンス費もかかりません。 ロボットは定期的にアップデートされるため常に最新のロボットをお使いいただけます。

ロボットの仕様

  サイズ

   全長:910mm/全幅:400mm/高さ:1,000mm

  重量

   約55kg

  稼働時間

   最大7時間

(バッテリー駆動/家庭用コンセントで充電可能)

  収穫時間

   12秒/本 

 

※2020年4月現在

今後の展開

今後の対応作物

トマト、きゅうり、ナス、ピーマン、アスパラガス等の野菜は、 個体ごとの成長速度にバラツキがあるため、一つ一つ人間が収穫して良いかを判断してきました。 これまでこの判断を機械が行うことが難しかったため、収穫の機械化が進んできませんでした。 inahoでは収穫に必要な判断をAIが行いロボットが収穫することで、「選択収穫」を実現しています。

【現在の対応作物】

アスパラガス

【今後の対応予定作物】

キュウリ、トマト、ナス、ピーマン、いちご等

出店地域と生産台数

2019年にきゅうり・アスパラガスの一大産地である佐賀県鹿島市へ進出しました。 鹿島市と進出協定を締結し、支援を受けながら、自動野菜収穫ロボットの開発を加速していきます。 2022年までに九州地区へ24拠点・全国40拠点へ進出予定です。

農家さんと一緒に開発しています!

いつもありがとうございます。

全国の農家さんにご協力をいただきながら開発を進めています。

inahoのロボット導入に興味がある方はアンケートにご協力ください!

メールマガジンで最新情報をお届け!

毎月17日にメールマガジンを配信しています。イベント出展・登壇レポートやメディア掲載情報、ロボットの導入状況、社員インタビューなどinahoの最新情報をお届けします。皆さまにお楽しみいただける内容となっていますので、是非ご登録ください!